岩室恵子(Keiko Iwamuro)の作品紹介

初夢

Posted by on 1月 9, 2009 in Column

premier

タルムードの教え

赤ん坊は祖先の知識を備えて産まれる
天使は知識を秘密にするため
赤ん坊の唇に指を当て忘れさせる
天使の指の跡が細い溝となり
上唇と鼻の間に残る
それからようやく赤ん坊は産声を上げる

 

 初夢は子供を産む夢だった。以前入院した事のある病院で臨月の私は手術着のままで病室からトイレに向かっていた。トイレはなんだか混雑していて時間がか かりそう、妊婦優先とかないのかよ、とぼやきながらも便意とちゃうんちゃうん?と思いながら確かに赤ん坊で出かかってます。あっ破水したはよ病室戻ろ!と こんな感じ。

大概、創作の波が上がろうとする時に決まってみる夢なのでなんとなく自分の新年の創作の行方を暗示しているような夢だなぁと思って目覚めた。
近くにできたTSUTAYAでDVDを物色していると「プルミエール 私たちの出産」と言う作品が目に止まった。
内容は、太陽が月に覆われた皆既日食の日。この特別な1日に、母親ひとりの自然分娩、世界最大の産院での医療出産、イルカと一緒の水中出産、極貧生活の 中での命がけの出産…。文化も人種も生活環境も全く異なる、しかし母になることを決意した10か国の女性たちには、知られざる困難と歓びの物語。

昨年の暮れに見た「悪夢探偵2」のなかで京一の母親が口にする「ごめんねあなたを産んでしまって」と言う言葉と、そ の何日か前に妊娠8ヶ月の友人のお腹に触っているときに彼女が言った言葉が心をよぎった「こんな大変な世の中の状態のところに産まれてくるこの子が可愛そ うで」私の手の中でイルカのようにきゅるきゅる動くその子を感じながら「産まれてくる子供たちはそれを覚悟して選んで産まれてくるのだと思う、きっとこの子た ちが次の地球を作っていくのだよ、この子たちがより良い地球に変えてくれる、大人たちはそれをサポートすればよいのだよ。新しい子供たちはオパールチルド レンと言うらしい」と伝えた。

産まれてくる子供たちの天使に消された記憶を取り戻すために私たちは全力でサポートしなくてはならないのかもしれない。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です