岩室恵子(Keiko Iwamuro)の作品紹介

天使

Posted by on 3月 14, 2007 in Column

 昨 夜はなんだか気落ちして寝る前に天使に「傷ついた私の心を癒してください!」とお願いして眠りについた。
やたらと忙しない夢を見て最後の登場人物が「たた大変です樋口さんが樋口さんが帰り道に・・!!!」と言いかけたところで目が覚め「誰やねん樋口さんて」 とつぶやきながらトイレに向かった、通り道にあるパソコンに何となく電源を入れた立ち上がったパソコンが指しているのは4:44分見たことのないゾロ目。
数字は天使からのメッセージ、4の羅列が表す意味を本で調べると「今天使があなたを取り囲んでいて、その愛と助力があることを保障しています。天使の助け がそばにあるので心配しないこと」と書いてあり思わず笑みがこぼれてしまった。

 そんな朝、暗いうちから身支度をして朝日でオレンジ色に染まる建物と南の空に浮ぶ月を眺めながら、愛犬きんたろうと天使たちに囲まれながら散歩を楽しんだ。天使は本当にいるみたいです。


ロバート・ブラウニング/ポーリング

私の力といえば
粘土の中に封じ込められ
求め続ける魂を救う
唯一、自分を自分とする想像の力
それは天使となり
途切れては現れる幻覚としてではなく
絶えず私のそばにいて
裏切ることは決してない

Robert Browning/Pauline

And of my powers, one springs up to save
From utter death a soul with such desires
Confined to clay—which is the only one
Which marks me—an imagination which
Has been an angel to me—coming not
In fitful visions, but beside me ever,
And never failing me;

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です